夏休みや春休みの短期バイトのニーズは?

よく頂くご質問に、「(大学が長い休みとなる)夏休み・春休みのみの家庭教師バイトはありますか?」というものがあります。質問者さんが知りたいのは、「短期バイトのニーズがあるか?採用されるか?」ということだと思います。個人契約・派遣登録それぞれについてこのご質問に回答させて頂こうと思います。

個人契約で短期バイトのニーズはあるのか?

まずは、ネットでの個人契約(個人契約サイト利用)の場合です。結論から言いますと、殆どニーズがありません。受験直前期だけの短期バイトのニーズはありますが、大学生の春休み・夏休みとは期間がずれています。7月末~8月の短期バイトの依頼は僅かにありますが、9月(夏休み後半)・春休みの短期バイトのニーズは殆どありません。このような状況から、短期のみの指導の登録を禁止している個人契約サイトも複数あります。

派遣登録で短期バイトのニーズはあるのか?

小規模な派遣会社の場合、個人契約と同様にあまりありませんが、大手派遣会社の場合はニーズが十分にあるようです。その理由として以下が上げられます。

・日頃から指導している大学生講師が帰省で実家に帰ったりしているため

・夏休みのみの短期指導のキャンペーンなどを行っているため

特に代理としての短期バイトのニーズが多いようです。

家庭教師の短期バイトを夏や春の長期休みにしたい方は、大手センターに登録することをお奨めします。